2021/11/057月12日 夏ちゃんがJATを卒業しました!

夏ちゃんは2021年3月にハッピーハウスへきました。

飼い主さんが病気になってしまい2年間くらいは猫たちを飼ってくれるかたを一生懸命探されましたが見つからず、、

もう飼い続けられないとハッピーハウスへ相談がきました。

そして間もなく他界されました。

 

ハッピーハウスではエイズ部屋で暮らしていましたが、そこで運命の出会いです。

休憩時間などに猫のお部屋へ行っているYスタッフの一目惚れでした。「なんちゅう可愛いこっ!!!」とびっくりしたそうです。

 

それからしばらくし夏ちゃんと家族になりたいと申し出がありました。

 

ハッピーハウスでは、施設の動物を家族に迎え入れることもよくある事ですが、たとえスタッフであっても他の皆さんと同様に申込書を記入し、面接をして飼育環境や脱走対策を明らかにしてという手順を省きません。それから1人暮らしの場合は何かあったときに飼ってくださるフォロー先を立てます。

 

一通りのしなければならないことを済ませて、ようやく夏ちゃんのトライアルです。これもまた勝手に連れ帰らず、別のスタッフがきっちり送り届けておうちの確認も怠りません。

 

トライアルの日

移動中の車内では、居ないのか?居る?とこちらが不安になるほど静かだった夏ちゃん。キャリーから出てこれるでしょうか。夏ちゃんのお部屋だよ~

1分近く出て来れずオロオロ。

意を決して出てきました。
緊張しています。

ゆっくりゆっくり身を屈めて

困ったにゃ

カーテンに隠れ

ゆっくりゆっくり移動した夏ちゃん

上手く隠れてるよ夏ちゃん♪

わかりのよい私たちはそっと部屋を薄暗くして、別室にて手続き書類を交わしました。

 

移った部屋では、先住ハムスターのダリルも隠れてしまいました。

わー残念!!ここだけの話、半分はダリルに会いに来たのにぃ~っっ

わかりのよい私は退散。ダリル~

 

それから何時間もしないうちに連絡があり、「あれから部屋に入ったら、徐々にスリスリ寄ってきて、ケージに入れたら2段、3段と上がってくれて、ご飯入れたらバクバク食べてくれた‼︎」と。

翌日の報告では「その後もベッドで寝たり、おしっこウンチもちゃんとしていた」とのこと。

 

ハイスピードで馴染みました‼︎

んまいんまい♪

リラックスしてお友達とソファで眠ります。

タワーも快適♪

ゴロンゴロン幸せにゃ。

ダリルとも仲良し♪

とっても美しいですよ♪

 

元々夏ちゃんは公園で保護され、譲渡されて繋がれた命です。何度も住まいが変わりました。

これからは動物好きな優しい飼い主さんとずっと一緒にいられます。まだまだこれから長い人生と長い猫生。ハム生。みんな元気で幸せな時間が長く長く続きますように。保護して大切に飼ってくれていた飼い主さんもお空から見守ってくれてます。

 

Yスタッフの記念日に合わせて正式な里親手続きをしました。

夏ちゃんは「なつまる」という名前になりました。

なつまるちゃん、卒業おめでとう。

Yスタッフをよろしくお願いします‼

幸せレポート一覧へ