2021/06/105月4日 たわらとのぶがJATを卒業しました!

2020年5月、飼い主様が亡くなり保護されてきたキジ柄のたわら。
2020年9月、段ボールに入れられて捨てられていたところを保護されたフジ柄ののぶ。

たわらは、沢山の猫ちゃんが生活するお部屋にデビューするも環境が合わず体調を崩してしまった為、入院棟での生活。

のぶは、元々心因性のストレスで自ら過度にグルーミングをして脱毛してしまうという事で様子を見る為、入院棟で生活していました。

入院棟で生活していた2頭。
その時、「入院棟で生活している子を見たい」と来所されたご家族さんがパッと見て「たわらとのぶ」を希望して下さりました。
先住わんこ、にゃんこがいる今までにも沢山のわんこにゃんこを飼ってらっしゃった経験豊富なご家族さんです(^^)

トライアルの日。
お家へ着くと早速先住にゃんこが興味津々で近づいてきました。

 

ケージの扉をあけても出てくる気配のない2頭。
たわら↓                のぶ↓

 

と思ったらたわらが顔だけひょこっと出てきました。
先住猫ちゃんとの距離感、、(笑)

少し待ってもやっぱり出てこなかったので2頭のケージをオープン!

たわらは出てきて先住わんこ、にゃんことご対面。
2頭は優しく近づいて来てくれましたが、たわらはかなり緊張している様子です。

 

のぶはケージから出るとそそくさと狭いスペースへ。
「ここはどこだにゃ~」と不安な様子。

そして、たわらも狭いスペースを見つけ、2頭ともジッと固まって出てきません(;^ω^)

先住の子達はとっても優しく、天真爛漫な性格です(*^^*)
のぶとたわらをよろしくね('◇')ゞ♡

トライアル中、、

たわらはよくご家族さんに寄って行き、撫でて~と催促しにくるそうです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

のぶはマイペースに過ごし、過度なグルーミングにより脱毛があったところにも徐々に毛が生えてきました☆彡

 

 

 

 

 

2頭ともリラックスしてお家で過ごせていてスタッフも安心しました(*^^)v

とっても幸せそうに寝るたわら。
すやすやと気持ち良さそうです♪

 

先住わんことは、つかず離れずの関係でうまく生活できているとのこと(^^)

コロナの影響で里親手続きまで時間がかかってしまいましたが、約5カ月のトライアルを経て無事に手続きに進みました☆彡

そして手続きで来所して下さった際に、もう1頭入院棟から引き取りたいと「のどか」に声をかけて下さり、現在トライアル中です!

のどかも無事、家族の一員になれますように(*'ω'*)

たわらの名前は変わらず、のぶは不二子になりました♪

ずっとずーっとお幸せにね(*^^*)
(奥がのぶ改め不二子ちゃん、手前がたわら君です)

幸せレポート一覧へ