2020/02/241月27日 ステップとゴールドがJATを卒業しました!!

施設駐車場に停まっているステップワゴンの脇に置かれた段ボール箱の中にいた3匹の仔猫。

生後約2日で目も明いておらず、へその緒も付いた状態でした。

こんなに小さい時に保護される子は、母乳をしっかり飲めていないので体の弱い子が多いのですが、その中でも特に体の弱かった3匹。

下痢をしたり、風邪を引いたり。

治ったと思ったらまた直ぐに体調を崩したり。。

しかし小さな体で頑張ってくれる3匹の力と、スタッフの懸命なお世話で大きくなってくれました。

 

こちらがフジ柄のステップ、男の子。

こちらが茶白のゴールド、女の子です。

 

そんな2匹にお声がかかったのは生後約5ヶ月の頃でした。

仔猫部屋にいたサンゴも一緒にお声かけいただきましたが、サンゴは送迎前にお腹の中に虫がいた為、先にステップとゴールドがお家に行くことになりました!!

 

 

先に出てきたのは意外にも女の子のゴールドの方。

兄妹の中でも一番体の大きいステップ。

施設では一番やんちゃさんでしたが、キャリーから出れません。。

性格と体の大きさは関係ないみたいです(笑)

ゴールドは楽しそうにお部屋を動き回ります!

ステップもお兄ちゃんに優しく声をかけてもらい、やっと出てこれました!

ど緊張気味のステップは一旦ケージの中へ。

知らない物に知らない音。

初めてがいっぱい過ぎてステップの頭の中もいっぱいいっぱいです(^^;)

ゴールドも子供さんのパワーに疲れちゃったかな。

お母さんの膝の上でちょっと眠たそう。。

オペまでの間の一時預かりがスタートしました☆

 

実はこちらのお家には先住犬が2頭。

送迎の時はステップ・ゴールドがビックリするといけないと、別のお部屋に居てもらっていました。

まだまだ小さい仔猫なので、わんちゃんとの相性が心配でしたが、そんな心配必要なかった?

2日目にはステップがわんちゃんより上に立つようになり(笑)

ゴールドは自分からわんちゃんのベッドに入って一緒に寝たり、追いかけて遊ぼうと誘うとか!!

ご飯もしっかり食べてるとのことで、スタッフも安心できました(*^-^*)

 

 

そして体の小さかったゴールドに合わせて、生後7か月の頃に不妊手術を済ませて正式譲渡となりました。

あんなに小さかったステップもオペの時は約4キロにまでなっていました!!

麻酔の覚めきってないゴールドはちょっとぼやけ顔(笑)

一番体が小さく、一番体調を崩しやすかったゴールドは色んなスタッフが一番心配していました。

ステップもゴールドも、大きくなって自分たちの幸せを掴みました!!!

 

ステップは『シンバ』。ゴールドは『カノン』。

新しい名前を貰って、新しい猫生が始まりました!!

末永く、よろしくお願い致します。

 

 

幸せレポート一覧へ