2022/07/016月15日、ラムがJATを卒業しました!

ラムを迎えて下さるのは今までわんこ、にゃんこ飼育経験のあるお母さん。

ご自身がメインでお世話の為入院棟にいるシニア世代の猫ちゃんをご紹介しました。

何頭か候補があがりラムに決まりました。

車の中では緊張していました。

キャリーの上をオープン!

奥にはラム用のケージがあります。

ここはどこ!?目をまんまるにして必死に今の状況を確認しているかのようでした。

キャリーから出るとすぐソファの下に入り込みじっとしていた。

手続き中も出てくる気配なし・・・・。

抱っこしてケージにいれるとじっとしていました。

じっとはしていますがケージは嫌なのか出して~っと鳴いてアピール。

扉を開けるとすぐに降りて来たラム。

またソファの下に潜り込み落ち着きました。

おしゃれな爪とぎも慣れたら使ってね。

慣れるまではしばらく自由にしておいてあげて下さいと伝え帰りました。

トライアル中、目薬を誤飲したかもと電話ありましたが最終的に食べておらず無事目薬も見つかり安心しました。

トライアル1カ月ご終わり手続きは訪問させて頂きました。

スタッフがお邪魔すると、ラムはケージの中でじっとしていました。

食後はケージの中で大人しく過ごすのが日課だそうです。

スタッフに警戒したのかケージから出てこず。

むしろ迷惑そうな顔されました。

「何しにきたの!?わたし寛いでるのに!!」

普段は話しかけると返事したり猫じゃらしで遊んだりしているそうですがスタッフがいるからか

まったりしている時間だからか遊んでくれませんでした。

夜活動的になるそうです。爪切りご希望でしたが警戒している事もあり病院に行ってもらい

爪切りしてもらえるように伝えました。お友達の猫が遊びに来た時はケージの中でじっと

しているそうです。

爪とぎはしっかり活用していました!

左の爪とぎの方がお気に入りのようで縦型の方はまだきれいでした。

好みがあるようです。

抱っこは苦手だそうですがまだ1カ月。これからもゆっくり様子を見ていただきます。

名前はラムのままです。

これからは、安心できるお家でのんびり過ごしてね。

幸せレポート一覧へ