2019/02/18太古の巨龍たち

先日、何年も前からずっと行きたかったとある
博物館に行ってきました。
かれこれ恐竜好き歴20年以上になる僕にとっては
本当に幸せな1日でした。

恐竜の全身骨格が何十体も並んでおり、
興奮して写真を撮ったり眺めたりしていた僕は、
その興奮が伝わったのか博物館の方から
微笑まれながら3回ぐらい声をかけられてしまいました(笑)。

数ある骨格の中でも一番感動したものの一つが
ブラキオサウルスという恐竜の復元骨格です。
竜脚類と呼ばれる首の長い陸上の巨大恐竜の仲間です。
展示されていた骨格の形は少し古い復元スタイル
のようにも感じましたが、
昔から大好きな恐竜の一つなので本当に感動しました。
とにかく大きい!長い前肢と比較的短い後肢が
生み出す傾斜の強い胴体、
その延長線上にある長い首がその大きさを
際立てております。
このまま見てきた恐竜や博物館の感想を書き続けると
原稿用紙何十枚分にもなりそうなので
また機会があればその時に述べることにします(笑)。

実は日本でも見つかってる竜脚類。
フクイティタンやタンバティタニス(丹波竜)。
この「ティタン」や「ティタニス」は
ギリシア神話等に登場する巨大な身体を持つ
神の名に由来します。
その名前を英語読みすると「タイタン」。
ハッピーにも「タイタン」という素晴らしい
名前を持った子がいるのです。

shimada2019022.jpg

名前にふさわしい体格を持った子です。

よかったら会いに来てください。

 

飼育班:島田

スタッフ日記一覧へ