2018/11/20ルアデ猫ハ輩吾

吾輩は猫である。名前はまだ無い。
どこで生まれたか頓と見當がつかぬ。何でも暗薄いじめじめした所でニャーニャー泣いて居た
事丈は記憶して居る。
吾輩はここで始めて人間というものを見た。……

夏目漱石のデビュー作『吾輩は猫である』(以下、『猫』)の冒頭です。猫の目線で人間の世界を、ユーモアを交えながら面白おかしく描いています。
もともとは漱石の気分転換のような形で書くことになった『猫』。名前をつけられることなく
漱石の家に住んでいた黒猫がモデルとなっています。
漱石が楽しみながら書いた小説ということもあり、文章や登場動物・人物が
活き活きとしており、個人的に好きな小説の一つです。

最近、時間がある時に薫ハウスにも入ったりしますが、つい「吾輩」と
呼んでしまう女の子がいます(笑)。

shimada20181111151111.jpg

本当の名前はベビフェで、三毛猫ということ以外なんの共通点もないのですが…。

飼育班:島田

スタッフ日記一覧へ