2020/09/299月21日 せんじゅがJATを卒業しました!

2019年12月末、野犬の仔犬が7頭で施設にやってきました。ブリンドル柄4頭、茶色3頭。見事なまでにみんな男の子!保護当時はまだ生後一週間ほどの本当に小さな仔犬で、もちろん目もまだ開いていません。せんじゅは黒と茶色の被毛の男の子。

可愛い寝顔の茶色3頭☆彡おそらく写真は真ん中かな?

こうなってしまうと誰が誰だか見分けがつきませんが・・・(;^ω^)

スタッフの手でお世話をしますが、最初は3時間置きくらいにミルクをあげて、排泄も自力でできないのでそれも人の手で。深夜もあげるため、順番にスタッフが自宅に連れて帰りお世話をしていました。仔犬を育てるのは大変です。人がお世話をするのと母犬がお世話をするのでは、全然違います。やっぱり母には、母乳にはかないません。それでも大きく健康に育ったもらいたい一心で、協力してお世話をしていきました。

幸いミルクはよく飲んでくれたので、すくすく育ってくれました!

生後1か月くらいの茶色3頭。大きくなってそれぞれ顔にも個性が出てきました!

左の無表情君がせんじゅです笑

さらに大きくなっていくと、だいぶ顔つきも変わり、最初はもっとあった黒い被毛も薄くなり茶色が多くなっていきました。

それにしても可愛すぎますね!!

どんどん体も大きくなりしっかり成長してくれ、ワクチンも一通り終わったころ、外の環境に慣れてもらうため施設外にトレーニングへ。

この頃はまだまだ怖いことよりも好奇心が勝り、元気に走り回っています!

もう少し大きくなって、ここでも飛び跳ね、より一層パワフルさが増しています!

もりもり成長して体つきも一気にジャンプアップ!満面の笑顔でカメラ目線。

人慣れのため一度募金活動にも連れていきました。さぁ頑張っていきますよー!

最初の笑顔が一転。来られたお客様に控えめにご挨拶。成長するに従って野犬らしい警戒心がでてきて、とにかく初めましてが苦手なせんじゅです。

フサフサな尻尾も下がって・・・、それでも頑張ってくれています。

お客さんがいないときは伏せて落ち着いています。

能勢の静かな山とは違い人通りが多く、せんじゅには怖くて仕方ありません(>_<)

 

怖がりでもまだ受け入れ態勢のある仔犬の時期に、人慣れや違う環境での散歩練習、家での様子を見るために何度かスタッフの自宅にも連れて帰りました。

お気に入りはクレートの中。まぁはみ出してはいますが、細かいことは気にしない!

クレートを用意すれば、自分からさっと中に入ってくれるせんじゅ。ハウストレーニングはするまでもなく、中で大人しくしてくれます!

怖がりな分、狭く囲われてるところが落ち着くようです。

トイレも何度か教えると、自分からトイレのところへ行き、家でのいたずらもなし。家での様子は優秀君でした!

ただ街中での散歩は人も車も怖く、これは中々慣れず仕舞。せんじゅにお声がけ頂いた後も一緒に施設前の山道を散歩したり、施設外に行きましたが。

しかし希望者さんには次第になついてくれました!

最初は怖がっていたご家族さんに対しても、おなかを見せるようになるまでに!

希望者さんと一緒に施設の外での散歩練習。出だしは怖々。

広々した芝生のところでもまだしょんぼり表情。

でもでも何だか楽しくなってきて尻尾も少し上がり、

最後は完全に尻尾もいつも通りくるんと上がり、しっかり歩いてくれました!

新しい環境でも比較的静かなところなら、散歩も十分合格点です!

そして希望者さんには何度か通っていただき、一時預かりとして新しいお家へ行くことに。

ご自宅に伺いまずは玄関、入念に安全チェック。慎重派のせんじゅです。

家の中におじゃまして、お姉ちゃんこんにちは。

お母さんこんにちは。

お父さんからこんにちは。

亀さんこんにちは。狙ってないよね?!

あっ!お兄ちゃんごめん!撮れてませんでした(/o\)スタッフのミスでございます。すみません。

気を取り直して

お部屋のチェックも忘れずにして、

クレートには、そそくさとためらいなく入っていきます。

しばらく家の中での様子を見て、少し落ち着いてきたところで、散歩へ行きました。

出だしは思ったより好調⤴

バッチリカメラ目線はいいが、歩く方向あっちですよ!

ゆっくりと歩くペースを合わせて、

時々何かに興味を惹かれながらも。

お水ください!

と思ったら、やっぱりいらないと気まぐれてみせたり。

それでも、静かな道では楽しそうに歩いてくれました。

しっかり神様にも挨拶とお祈りを済まして、

ただいまからの足拭き。良い子に抱っこされていました。

少し疲れたかな?トイレだろうがおもちゃがあろうがお構いなし。

デーンッと横になってしばしお休みです。

せんじゅ頑張ってやー!

この時のせんじゅの月齢は7か月ほど。去勢手術は、一時預かりで送った日からしばらくして行いました。

体は15㎏と随分大きくなりましたが、睾丸が一つしか下りてこず。あらかじめ予定していた手術の日まで、もう一つも下りてこないか様子を見ましたが、結局下りてこないまま手術当日に。睾丸がおなかの中にあり、下りないままだと腫瘍化してしまうリスクが高くなります。手術で見てもらいましたが、おなかの中にも発見できず、その日の手術は一つだけの摘出で終わりました。

せんじゅが起きてからしばらくしてご家族の元へと帰り、再びトライアルへ。

病院の先生と相談しながら次どうするか決めているところに、ご家族さんから連絡がありました。睾丸が下りてきたと!

一回目の手術から3週間ほど経ったころでした。病院の先生もビックリです。確かにちゃんと睾丸が下りている!手術で刺激されてか何なのかははっきりわかりませんが、2回目の手術で無事去勢手術も終わりました。

しかしせんじゅには2回も手術を受けてもらうことになり、申し訳ない気持ちでした。

手術も無事終わり、傷口も良好。いよいよ正式に新しいご家族へ迎えられる日が来ました!

手続きの日の里帰りでは、スタッフには変わらずの全力で、大歓迎頂きました!

柵越しに、ずっと一緒に過ごしてきた仲間とご対面。お互い誰?といった表情です(;'∀')

兄弟の顔を忘れたのかい?

手術後の抜糸もこの日に。ご家族の皆さんから良い子やねー!と褒めちぎられながらも、せんじゅは必死です💦じっとするのが苦手なせんじゅ、よく頑張ってくれました!

その後、手続きを済ませ家族全員での撮影。

しっかりと背中を向けてくれてますね!笑

お父さん好きなのはわかったから、こっち向いてやー

浮かない表情ですがようやく前を向いてくれました。

せんじゅは現在生後約9か月。これから新しいご家族さんの元、たくさん遊んでたくさん食べてたくさん寝て、末長く幸せな犬生を送ってほしいです☆彡

ご家族の皆様もせんじゅと一緒に幸せに過ごしていってください!よろしくお願いします!!

幸せレポート一覧へ