2015/06/216月21日、アリとシグマがJATを卒業しました!

アリと、シグマ。
ハッピーハウスからいろんなワンコを迎えてくださっているご家族のもとに、4月末の飼い主さん募集イベントにてお声かけいただき、お家での暮らしが始まりました。
arisigu201511.jpg
arisigu201512.jpg
こちらのご家族では先住の5匹のワンコたちの中で天寿を全うした子がいて、もう1匹、そんなに若くない子であればうちの子として見ていける…
そう考えて10歳は超えているアリちゃんに声をかけていただきました。
arisigu20152.jpg
何の問題もなく、すんなり先住犬たちの輪に馴染んだアリちゃん。
いつも楽しそうに前を向いて生きているコです。
実は同じタイミングで、ハッピーハウスにきて4年…
なかなかお声がかからなかったシグマにも、
少しでも「癖」の部分に対する接し方が判れば、
お家での暮らし方が判れば、新しいご縁も見つかるのではないか、
とホームステイのスタンスでお声かけいただきました。
arisigu20153.jpg
実際、可愛らしい見た目からお声はたまにかかるけれど、
咬むこともある、その辺りがハッピーハウスでは縁遠くさせてしまっていたポイントでした。
2ヶ月ほど、預かって頂いた末、
ご家族からいただいたお声は、アリだけでなく、シグマも家族として迎えます、と。
arisigu20151.jpg
シグマは確かにタイミングによっては咬むよ、と言ってくることもあるそうです。
でも、理由なくそうなるわけではありません。ずっと一緒に居て、人の愛情を分かってもらえる環境であれば、シグマもちゃんと分かってます、むやみに怒ったりしません。
そんなシグマの健気さに、うちの子としてみていこう、と決意してくださったのだと思います。
ご家族に色々お聞きした所、、、
シグマはとってもやりやすいコ。
今まで怒ったことはほぼありません。
今回ご家庭に迎えて下さり、一緒に居続けてくださったご夫婦にシグマが見せた本当の姿というのは、甘えん坊で遊び上手な面。
おもちゃは先輩たちが譲ってくれるから遊び放題。
arisigu201572.jpg
とっても楽しくて、嬉しくて、寂しくもなくて、我慢する必要もなくて…
だからこそ、なのではと、スタッフは思いました。
arisigu201514.jpg
自分を出せない環境の中では素を出せないのは当たり前です。
出会ったご家族の中で、シグマは素直に生きていられるのです。
可愛い浴衣も難なく着てくれます。
arisigu201571.jpg
arisigu201573.jpg
ご家族が喜ぶから。
それはシグマにとっては幸せなのです。
やっと、やっとそんな暮らしが送れます。
アリはアリで、とってもとってもマイペースに、
家族のルール?気づかないです。
arisigu20159.jpg
でも、先輩達が譲ってくれます。
arisigu201510.jpg
それで幸せ、それでいいんです。
いい関係が築かれているんですね。
arisigu20157.jpg
arisigu20158.jpg
arisigu201516.jpg
そう、してくださっているご夫婦に感謝です。
arisigu20156.jpg
名前はアリが「かりん」に、シグマが「レオ」になりました!!

幸せレポート一覧へ