2020/08/235月17日、コテ丸がJATを卒業しました!

京都のブリーダーから多頭で保護されてきたコテ丸。

保護当時は、リードにも慣れておらずお散歩にも行けませんでした。

里親に行く為のお散歩練習も頑張りました!

脱走しないように初回は、ハーネスにチェーンカラーに首輪に三重リードで様子を見ながら行きました。

コテ丸を迎えて下さったご家族さんは犬を飼うのが初めて。

お父さんは動物病院からの紹介で施設を知って下さり秋に開催された里親募集のイベント

幸せになりたい会に来てくださいました。

黒柴を希望され黒柴もずくが気になると言われるも、もずくは自己主張、興奮が激しくべったり可愛がりたい人には不向きな事を伝えコテ丸を紹介。

その後、コテ丸に決まりました!

犬を飼うのが初めてなのでお散歩に来られた時は色々質問して下さいました。

家の準備ができた時も問題ないか見に来てほしいと言われるほど準備は慎重にしっかりやって下さいました。

お仕事場にも一緒に連れてい言って下さるとの事なのでお仕事場のコテ丸スペースも確認させて

頂きました。複数の人が出入りする場所なので脱走が1番心配なのでつないでおくか、ケージにいれておくか、2重扉を作るかを提案。

その後、確認後お家までお散歩がてら歩きました!

最初、お散歩ができなかった子とは思えないぐらいしっかり歩いていました!

お家の中も確認!テレビ怖くないかな?

お家では人の後をついてまわっていたので扉にゲートあった方が安心かもしれない、ケージの場所サイズなどお話してご準備お願いしました。

お家のリビングには手作りでゲートを作って下さり、廊下には滑らないようマットを敷いて

下さっていました。

お家の準備もできたのでコテ丸トライアルスタートです!

コテ丸は行く気満々?サークルから脱走しそうな勢いでした。

コテ丸、お父さんの珠数丸とお別れのあいさつ。

「父さん、ぼく幸せになるね!」

「息子よ、がんばれよ。」なんて会話あるはずもなく(笑)

お互我関せすでした。

車の中ではこちらが気になるようでかまってアピール。

ケージでは大人しいですがフリーだと落ち着かないようです。

車から降りてルンルン!お家に着きましたよ!

お家では2階のリビングがコテ丸の生活スペース。ケージもしっかり用意して下さっていました。

飛び越えるので屋根付きです!

ケージの中もチェックしてね!

キッチンが気になる・・・・。手作りのドッグゲートはキッチンと廊下どっちにも使えるよう工夫されていました!

おもちゃカジカジ!

おやつはまだ、食べません!

今日からよろしくお願いします!

かっこいいハーネスつけてもらいます!

スタッフのお見送りがてらそのままご家族とお散歩へ。

ショルダーリードで脱走対策ばっちり!

トライアル中も写真や動画を送って下さりコテ丸の変化を知りうれしく思いました。

保護当時は、ごはんをほとんど食べなかったので環境が変わればまた、ごはん食べなくなるかもしれないと心配していましたがごはんもしっかり完食!

施設では寝たり休んだりする姿をなかなか見れませんでしたがお家でリラックスしているようで馴染んでくれている事に安心しました。

コロナの影響で手続きが延び延びになっていましたが緊急事態宣言が解除された事もありようやく

手続へ。

現在のコテ丸はすっ、かりお父さんっ子になっていてお父さんが帰って来ると2階でくぅーんくぅーんとないてお父さんが来るのをずっと待っているそうです。

娘さんにも喜ぶそうですがお母さんはあまりお散歩に行く機会がなくあまり喜ばれないそうで

「ささみ買ってあげてるの私なのに~!」と言われているそうです。(笑)

一緒に暮らされていない娘さん(お姉さん)が来られた時はわんわん!と吠えるそうです。

ちゃんと人を見ていてすごいなぁと思ったらたまにご家族が帰ってきても間違って吠えるそうでコテ丸のおちゃめな一面が見えました。

リビングのゲートは自分であけて階段上り下りできるようになってしまったそうで階段はまだ怖いのか壁をつかい慎重に降りていました。

滑り止めマット敷かれていますが端にも滑り止めマット敷こうか、ゲートちゃんとしたものつけようかと検討されていました。

食はまだむらがあるそうで、お父さんが帰って来るまで食べないそうです。

忠実!

「ぼく、お父さん大好き!」

同じ場所から保護された小梅とごあいさつ!

お父さんの珠数丸とも再会。

前回と違いお互いなんだか気にしてる感じ??

「元気にしてたか?息子よ」

「父さんも元気そうでよかったよ」

コテ丸やや緊張顏・・・・。

ようやく撮れたツーショット!

もちろんご家族とも記念撮影♪

名前がコテ丸から叶夢(トム)になりました。

ご家族の元で幸せにね!

幸せレポート一覧へ