2021/03/213月6日 銀次郎がJATを卒業しました!

何頭かすでに紹介しておりますが、

2020年2月に柴犬のブリーダー崩壊で来た銀次郎

もちろん銀次郎もフィラリア強陽性で、結構なお歳で推定11歳でした。

外での生活はすでに厳しいだろうと室内での生活でした。

犬があまり好きではない銀次郎。しつこくされたり絡まれるとよく怒っていました。

ご飯をなかなか食べず、フィラリアの影響から体調を崩し

一時はとても弱っていましたが、懸命なお世話で大分復活してくれて、

受付犬にデビュー!!

犬が多いゴードン部屋(シニア部屋)より

スペースが広くのびのびできる受付スペースの方が銀次郎には合っていたみたいで

日向ぼっこをする姿をよくみかけました(^_^)

受付にデビューして間もなく、すぐにお声がけを頂きました。

先代のわんちゃんも柴犬で雰囲気がどことなく似てるところから興味を持たれました。

フィラリアの影響から心臓が悪く、年齢もあり、腎臓や肝臓のお薬も飲んでいました。

もともと走り回るようなタイプではありませんでしたが、激しい運動はNG

何度か通っていただき、現状の説明をさせて頂いてお家に来てほしいとお話を頂きました。

トライアルへ

初めてのお家にちょっとルンルン?

室内を徘徊します。

手を伸ばしてもらっても「クンクン。。プイッ」

人が大好きという性格ではなく、一人マイペースに過ごしたいタイプなので

感情をすごく出すわけでもなく。「あっ、いたの?」ぐらいな反応でした(笑)

ちなみに抱っこもあまり好きではありません。

ずーっとウロウロとしていた銀次郎ですが、

トライアルの説明をさせて頂いてスタッフが帰る頃にやっと落ち着いてくれました。

テレビの横のスペースでお休み中です。

 

トライアル期間中、やはりごはんをあまり食べず、悩ませられたり

夜泣きしたりと体調が思わしくなくハッピーハウスへ連れてきて検査した時もありました。

体調も不安定でトライアルを延長していましたが、

3か月のトライアルを経て、正式にお家の子へと決まりました。

 

正式譲渡の日。

受付犬にデビューしていた風太郎と仲の悪い銀次郎は

ちょっとだけケージで待ってってね~~

最初はむにゃむにゃと出せ出せアピールしていましたが、

少しすると落ち着いて待っていてくれました。

痴呆のような症状も少しでてきているようで、お昼間によく寝て夜に起きていたりもするようです。

年をとってきた子の症状は人間と同じでさまざまです。

ご飯ももう少し食べてくれるように頑張ります!と言って頂きました。

偏食銀次郎をよろしくお願いします( ;∀;)

 

ケージから出るとスタスタと、「はよ帰ろ~や」アピール

お兄さんが一人、手続きの際に来られなかったので残念ですが

抱っこが好きではない銀次郎もお兄さんにひょぃっと。

名前はそのまま銀次郎。みんなギンと呼んでいます♪

銀次郎をよろしくお願いいたします!!

 

幸せレポート一覧へ