2024/03/182月3日 ケバブがJATを卒業しました!

ケバブは大阪市内で迷子になっているところを保護され、2014年4月に大正警察署からハッピーハウスに来ました。

当時、推定年齢3歳。ご飯への執着があったり突然怒る事があり、スタッフが手を焼くことも多々ありましたが、

お世話をしていくうちにスタッフに心を許してくれるようになりました。

初めてリードを付けてお外に出してあげた時は先輩スタッフから驚かれた事もありました。

年を重ねるごとにお外の生活が難しくなってきましたが、ケバブは他の犬と仲良く出来ずスタッフの目があるふれあいサークルに1頭で生活してました。

2023年に体調を崩しハッピーハウス動物診療所で治療し回復はしましたが、お外より室内での生活の方がいいと判断しゴードン部屋に移動しました。

病を経て、穏やかなおじいちゃんとなり他の犬とも問題なくのびのびと過ごしていました。

同じ年の12月に左目に腫瘍が見つかり外部の病院で目を摘出する手術をしてもらいました。

そこから体調を崩すことが多くありました。

引き取るかたくさん悩みましたが周りの後押しもありお家に迎える事しました。

今はお家や受付でのんびりとすごしてます。

残り短い時間しかないかもしれませんが、ソラとケバブ一緒に楽しい時間をすごしていきたいです。

 

幸せレポート一覧へ