2020/07/034月4日、小桜がJATを卒業しました!

小桜は、柴犬のブリーダーから多頭で保護されて来た1頭です。

小桜を迎えて下さるのは先代も柴のワンちゃんを飼われていたご夫婦です。先代の子が病気により7才で亡くなってしまったそうです。

小桜が今7才。先代の子の分までご夫婦の元で楽しく生活してほしいと思います。

小桜は、保護当時よりリード慣れしておらずお散歩が苦手でした。

小桜と仲良くなるためお散歩に来て下さっている時も小桜のペースに合わせてお散歩に行って下さいました。

数メートル進むのに最初は何分もかかっていましたが次第にお散歩の楽しさを理解し歩くようになりました!

お散歩もできるようになり小桜もご夫婦に慣れてきたのでトライアルスタートです。

お家はマンションの為共有スペースは抱っこ。お母さんに抱っこされながらお部屋にに到着!

部屋の中ではあちこち気になりうろうろ探索。

小桜の歩くスペースには滑り止めのマットでしっかり対策して下さっていました。

探索できていたのでお母さんも一安心されていました。

お留守番の時の為のサークル。こちらも、しっかりチェック。

中も広々~!

保護当時は、ごはん偏食であげるのが大変だった小桜。

最近は、よく食べるようになったが環境変わったらどうなるか・・・と思いごはんをあげてみるとばくばく食べていました!

食べた後ももうないの?と言わんばかりの顔をしていました。

紙袋の持ち手に顔をつっこみアピール(笑)

いつから、そんなに食いしん坊になった!??

トイレも覚えるかな??先代の子は完全外派。小桜はどうなるかな?中でしてもいいよ!

思った以上に馴染んでいてスタッフもびっくりでしたが安心しました。

トライアルも順調で正式手続きにお伺いしました。

小桜は、ごはんもよく食べトイレは基本外派になっていました。

家の中にいる時はご夫婦の後をついて回りお父さんが帰ってくる時カギの音がすればドッグゲートの手前まで迎えに行くそうです。

久々のスタッフとの再会。ちゃんと覚えていてくれていました!

先代の子はご夫婦と一緒におでかけするのが大好きでたくさんお写真が飾ってありました。

小桜も最初は散歩が苦手でリードをつけるとあまり動かずゆっくり歩く子でしたが今では1時間以上しっかり歩くようになったそうです。

お散歩で会うワンちゃんでも好き嫌いがあるそうで好きな子には寄って行くけど嫌いな子には無視するそうです。

皮膚のかゆみが出て診察にいかれた時、病院の診察も大人しくしていたそうです。目の涙やけも以前よりきれいになっていました。

すっかりくつろいで「ここ、私のお家!」と言っていそうな感じです。

これから色々な所にお出かけできそうです。

名前が小桜(こざくら)から桜空(さくら)になりました。

これからたくさん、楽しい日々を送ってね!

 

 

 

幸せレポート一覧へ