2020/03/2610月5日、プティがJATを卒業しました!

迷い犬で保護さてきたプティ。小柄で可愛らしい顔、可愛らしい名前ですが男の子

です。

性格は、やや怖がりで自分が不安になると唸ったり、咬みにいったりする一面もありました。

飼育スタッフにも1人だけにべったり慣れて他のスタッフには唸ったり、怒ったりする事もありました。

可愛い子なので里親が見つかりやすいようにトレーニングを開始!

ゆっくりであれば首輪にリードはつけられましたが脱走防止のために2重リードに

する為にスリップリードを首にかけようとしたらキレて暴れました。

「こんな事した事ないから嫌やーーー!」

スリップリードをとるために首に手を近づけるのもキレて暴れまくりとるだけで

最初は苦労しました。

トレーニングでイライラした時は靴を噛みにくる事もありハーネスをつける事も

できませんでした。

色々な事が経験不足で、慣れるまではよく怒っていました。

シャンプーも最初は口輪をしていましたが最後は口輪なしでシャンプー&トリミングができるようになり口輪は爪切りの時のみ使っていました。

首輪の付け替え、ハーネス付けるのもキレずにできるようになりました。

スワレ・フセ・マテ・おいでもマスター!訓練も順調で他のスタッフにも口輪の装着、抱っこなど練習してもらいました。

「どうだ!賢いだろーっ!」

あんまり好きじゃないスタッフとのツーショット。

スタッフは怒られるんじゃないかとひやひやしています。(笑)

色々な経験を積んで成長したプティ。

そんな中、プティが気になると言って下さる方が現れました。

先代のワンコが「プティ」という名前で同じ名前という事で気になって会いに来て下さいました。プティの性格を伝え通っていただく中でふれあい、口輪練習、リードのつけかえ、ハーネス装着をやっていただきあとはお家で慣れさせていくという段階になりトライアルスタートしました。

初めての場所、やっぱり緊張気味。スタッフそばで様子を伺います。

先住のワンコさんは、プティが来ても落ち着いていました。

プティの生活スペースもしっかり準備して下さっていました。

先住の猫さんは上からプティを確認だけで対面せず。プティも

反応していなかったので時間が解決してくれそう。

ボールを見せると遊び始めました!

少し慣れてきたかな?

帰る時はスタッフを追いかけてきましたが、きっとすぐに慣れると思いました。

トライアルを終えて正式に手続きの時、久々に会うから大喜びするかな?と思い

名前を呼ぶもお母さん一途!!になっていてあまり喜んでくれませんでした・・・。

1番大好きなスタッフにも反応薄く・・・・

顔が喜んでない・・・・((+_+))

「お母さーん助けてー!!」

すっかりおうちの子になっていました。

慣れればとても甘えたなプティ。今は、何しても怒らなくなったとおっしゃって

とてもうれしかったです!最初から、プティの反応もよかったので相性も合っていたのだと思います。

お家でのプティの写真たくさん送って下さいました。

どれもいい表情してます!

「一緒に熟睡」

「箱入り息子!」

「リラックス」

「かみかみ中」

「キリッ!凛々しい立ち姿」

「猫さんとも仲良し」

「変顔~!!」

「がおおおーっ!」

「ぼくだけのおうち、ぼくだけのかぞく」

「ずーっといっしょ」

最初は、怒りん坊だったプティがこんなに穏やかに過ごせるように

なっていて本当にうれしかったのとトレーニングした成果もあり

犬のしつけの重要性と飼い主さんのワンコへの関わり方が大切だと感じました。

名前も、もちろんプティのままです。

幸せレポート一覧へ