2021/01/116月23日 ミルクティーがJATを卒業しました!

18歳のミルクティー。

素敵なご家族さんにお声が掛かりました♪

大人しくシャンプーされます。

ドライヤーもお利口さん。

暖かな日・・・老犬介護部屋フィガロを出発します。

受付の看板犬さんに挨拶を済ませ、お水をもらいます。

ミルクティーにはちょっと大きな段差かな。

ヨッコラショ・ヨッコラショ

 

スタッフは何度もお邪魔したことがあるお部屋。

独りの猫さんはスタッフを怖がって、退散×退散。

綺麗な猫さん。

 

ずっとワンコと生活したかったけど、猫さんとの生活が続き、

なかなかできなったそう。

何十年振りかのワンコとの生活。

引っ越しする際、もう要らないと、捨てられてしまった、

ミルクティー。

なぜ、一緒に引っ越ししないのか、理解不能に陥る。

どの仔でもいいの、選べないとご家族さん。

そんな中で、18歳のミルクティーにお声を掛けて下さりました。

あら、それは猫フード。

お水もしっかり飲めますよ。

小柄なお母さんが抱っこ出来る事。

それだけが唯一の条件。

ご飯もしっかり食べ、食後のミルクまで完食。

歯がほとんどありませんが、しっかり食べれます。

 

おしっこをあちこちでしてしまうので、

オムツ装着。

満足したミルクティー。

スタッフの存在はすっかり忘れてしまったようだ笑

ウトウトウトzzz

猫さんよ、今日からミルクティーをよろしくね。

室内やお庭には綺麗なお花がたくさん。

帰る際、手作り⁇のじゃがいもと、マシュマロへのフードを

頂戴致しました。

首輪とリードのご用意もして下さっていました。

え⁇イヌ?? 入ってくんの??

今日から、家族⁇しゃあーないなぁ。

 

帰る間際にお父さんがお仕事から帰宅され、

速攻、ミルクティーの元へ。

ご主人がミルクティーをとても気に入って下さり、

最終決定になったそうです。

じゃね、ミルクティー。

1ヵ月を過ぎた頃、正式譲渡の運びとなりました。

よく食べ、よく出し、よく歩くそうです。

18歳の卒業かぁ~嬉しいなぁ。

ミルクティーの名前は『ミルク』になりました♪

卒業おめでとう、ミルク。

フィガロっ仔の仲間たちに伝えておくね。

 

幸せレポート一覧へ