2008/07/12『てっちゃんからのお知らせ』

2008071201.JPG

「てっちゃん日記をご覧の皆様、お知らせです!!

僕は新しい家族が決まり、明日ハッピーハウスを卒業することになりました~!!!」

 

2008071202.JPG
「僕、最初は全然歩けなかったんだ。でもハッピーハウスのスタッフや多くの先生方と一緒に
 リハビリ頑張って、今では自分の足でしっかり歩けるようになったんだよ!
 歩けることが嬉しくてたまらないんだ~」
「ヨ~イ・・・」
 2008071203.JPG
「ドン!」
2008071204.JPG

「見て見て!!走れるようにもなったんだよ!しかも、結構速いんだ!」
「ヘヘ~、走れるって、気持ちいい~」
2008071205.JPG
「ねえねえ、かわいく撮ってくれた?」
2008071207.JPG
「僕にも見せてよー」
2008071206.JPG
いつでも楽しそうなてっちゃん、ずっとニコニコしていました。
2008071208.JPG
「あっち行ってみよ~!」
保護したばかりの頃はすごく寂しそうな顔をしていました。
不自然に伸びきった後ろ足、大きく曲がった背中。
その状態で奇跡を信じて始めたリハビリ。
「一緒に遊ぼうよ!」
2008071206.JPG
最初の頃は後ろ足を引きずったままの移動でした。
「歩く」という動作からは程遠く、体力もなかったてっちゃん。
それでも諦めようとはしませんでした。
2008071209.JPG
「たまにはキリッとした顔もしないとね」
丈夫な靴を何足もボロボロにし、それに比例するように少しずつ後ろ足を動かせるようになりました。
てっちゃんの顔つきもかなり明るくなり、よく笑うようになりました。
 2008071210.JPG
「ベロ出てない??」
自由に歩けるようになり、よく施設内をあっちこっち探検していました。
ちっともジッとしていなかったのは、今まで歩けなかった分を取り戻そうとしている様にも見えました。
リハビリを諦めていたら・・・先生達のアドバイスがなかったら・・・気功を入れてもらわなかったら・・・
てっちゃんはこんなに生き生きと動き回ることはできなかったでしょう。
てっちゃんのリハビリを通して、私たちもたくさんの事をてっちゃんから教わりました。
明日、新しい家族の待つ家に出発します。
またいつか歩けなくなるかもしれない・・・という不安はありますが、たくさんの試練に打ち勝ってきた、
てっちゃんなら大丈夫!!  てっちゃん、新しい家族の皆と幸せにね!!!

2008071211.JPG
「バイバイ♪ 今までありがと~! みんなもお幸せに~」

生きるということ一覧へ