2月11日 雪斗・冬斗がJATを卒業しました!

1月7日に卒業した【志続ちゃん】と。

sizuku2017010702.jpg

10月20日に卒業した【まめ太君】とのこども。

mameta2016102005.jpg

 

【雪斗・冬斗】が卒業しました。

yukihuyu2017021102.jpg

 

こちらは。。。どちらかなぁ・・

yukihuyu201701.jpg

 

不妊手術が終わるまで2016年9月11日「一時預かり」のスタートです。

ウエルカムボードがありました。

yukihuyu201707.jpg

新しい首輪も♪

yukihuyu201708.jpg

 

先代を1年程前に老衰で看取り、またワンコとの生活を望まれ、

ご来所くださいました。

大きいお兄ちゃんが、施設での職場体験経験者でした。

 

保護された時、既に産まれており母乳で育った双子ちゃん。

yukihuyu201702.jpg

元気にたくましく育ちました。

yukihuyu201704.jpg

 

生活スペースは室内です。

yukihuyu201703.jpg

大きなサークルのご用意があり、ふたり、すんなり入りました。

yukihuyu201709.jpg

ふたり居るからか??仔だからか??動じないふたり。

yukihuyu201710.jpg

 

セキセイインコがちょっとびっくりしちゃています。

yukihuyu201705.jpg

早速の朝御飯を頂き、満足気。

yukihuyu201706.jpg

預かり中何度かお電話で様子を伺い、元気にたくましく育っていることが

分かりました。

 

2月5日、去勢手術の日。

大きくなった!!

yukihuyu2017020501.jpg

保護された時は雪斗の方が大きかった体ですが、

成長するにつれ、冬斗の方が大きくなり1kgの差が出来ました。

yukihuyu2017020502.jpg

よくよく見ると、違うお顔。

yukihuyu2017020503.jpg

でも、やっぱり、双子だ。よく似ている。

yukihuyu2017020504.jpg

あなたが、冬斗だね。

yukihuyu2017020505.JPG

yukihuyu2017020506.JPG

 

施術完了し、エリザベスカラーを装着。

yukihuyu2017021101.jpg

傷口を全く気にしない仔も居れば、すっごく気にする仔もいる。

雪斗・冬斗は・・・・気にしそうね。。。

yukihuyu2017021102.jpg

 

雪斗・冬斗を産んでくれたお父さんお母さん他、一族、幸せを

掴み、それぞれの生活を楽しんでいます。

yukihuyu2017021103.jpg

yukihuyu2017021104.jpg

帰るよ!って、時にどろどろの場所でお座りしちゃって、この有様。

yukihuyu2017021106.jpg

 

まだ9ヶ月未満のふたり。

室内でのやんちゃ具合にちょっと困っておられたご家族さん。

yukihuyu2017021105.jpg

後日、訓練士がお伺いすることになりました。

yukihuyu2017021107.jpg

雪斗が【詩】。冬斗が【音】。

かっこいい名前を貰ったね♪

また遊びに来てね。

 

 

 

ページトップへ
9月28日、ベアがJATを卒業しました!

保護当時より、糖尿病を患っていたベア。白内障もあり目はほとんど見えていません。

bear52016928.jpg現在、8才のベア。2年近くをハッピーハウスで過ごしました。

一時期は、フィガロハウスで他の犬と生活を共にしていましたが他の犬の口を舐めたり

おしっこを舐めてしまったりして血糖値が上がってしまい

体調が安定しない事もありました。食事も療法食を食べていました。

体調を崩した時は、ハッピーハウスの非常勤の看護士の家で様子をみてもらい
元気に回復☆彡
 
体調が良くなったのでハッピーハウスに戻ってきたベア。ベアの健康の事を考えケージでの生活になりました。
天気の良い日は日光浴をしたり散歩にも行きましたがなんとかケージでの生活から環境を変えてあげたいと思いつつも「糖尿病」がネックでなかなかご縁がありませんでした。
そして、また体調を崩してしまい看護士の元へ。
体調を崩すたびにスタッフも心配していました。そして、看護師スタッフがベアを迎え入れてくれたら・・・・・とも思っていました。
これを何回か繰り返すうちに看護士も迎え入れる決心を決めてくれて看護士家族の元へ迎え入れられたベア。
スタッフも大喜びです!もちろんベアも!!
後で聞いた、プチエピソードですがベアをすぐに迎え入れなかったのは今いる常勤の看護士にも糖尿病の子の対処の仕方などを学んでほしかったからだと聞いて考えが深いなぁと感じました。糖尿病はベアだけだったのですが今後その病気にかかる子、その病気で保護される子がきた時対応が出来るようにしてほしいと願う看護士の気持ちがあったそう
です。
「毛もちゃんとトリミングしてもらってるんだ!」
トリミングも自分でできるスタッフなので自由にヘアースタイルいじれます!
bear12016928.jpgえーっと今日のファッションは〜・・・・
ハロウィン前だったので、デビルベア!? 間違ってたらすいませんっ!
 
bear62016928.jpg
お家には先住のワンコがいます!この子もハッピーハウス出身です!ひめちゃんは、最初ベアの事を嫌がっていたそうです・・・。
ここからは、レポートを書いているスタッフが写真を元に勝手にストーリーをつくり
ました!
 
「新入り!まだ、認めてへんで!」 byひめ
「すっすいません。。。。」」byベア
bear32016928.jpg
「どうしよう、ぼく仲良くできるのかな・・・・・」
たそがれるベア。耳が・・・・。(笑)
bear22016928.jpg毎日、ひめちゃんと過ごすうちに認められたベア! 先輩より前を歩く!(笑) 大物になりそうな予感!?
bear42016928.jpg
仲良くじゃれあう事もあるそうです!
 
持病がある子でも気を付ける事を認識してお世話をすれば普通のこと変わらない生活ができます。
ほんの少しの工夫と理解がもっと広がればいいな。と感じます!
 
 
 
 
 
 
 
ページトップへ
1月21日 ソラがJATを卒業しました!

生後10ヶ月ほどの「ソラ」

sora201700001.jpg

このお顔でお声掛けは3件も。

たくさん猫は居るのに、ヒトも猫も美しいって、お得。 

sora2017000002.jpg

 

すすすっと、出てきたソラ。

sora2017012101.jpg

 

「あそこに見えるのは??」

sora2017012102.jpg

 

「ここにあるものは??」

sora2017012103.jpg

 

「あっちは何かな??」

sora2017012104.jpg

 

「ここは??」

sora2017012105.jpg

「うん。ちょっと落ち着く」

sora2017012106.jpg

「だけど、、、それは。」

sora2017012107.jpg

 

ご家族さんが出してくれた玩具に反応。

sora2017012108.jpg

薫ハウスで生活していたソラ。

sora2017012111.jpg

玩具で遊ぶ機会もなかなか無く、

sora2017012112.jpg

動くその『ナニカ』

sora2017012113.jpg

を追いかける姿は真剣そのもの。

sora2017012114.jpg

「テヤッ」

sora2017012115.jpg

キャッチ!!

sora2017012116.jpg

「ふむふむ」

sora2017012117.jpg

 

ご夫婦で猫を飼育することは初めて。

sora2017012121.jpg

御二人で生活していた以上に楽しい毎日が始まります。

sora2017012122.jpg

 

奥さんセンスの古風でセンスのある飾り。

きっと、ソラは玩具にしてしまう。

sora2017012123.jpg

でも、仕方無いね。と、笑って話す。

sora2017012124.jpg

ソラの名前はそのまんま。

ようやくenjoy lifeの始まりです♪ 

 

 

 

ページトップへ
1月11日 もなかがJATを卒業しました!

もなか!!出口はこっちよ。

monaka2017012201.jpg

 

お尻トントンすると、180度回転。

monaka2017012202.jpg

 

ハッ。と、気付いたその場所。

monaka2017012203.jpg

 

温かい床。

monaka2017012204.jpg

5年振りにハッピーハウスの外に出れました。

monaka2017012205.jpg

 

お台所も探検です。

monaka2017012206.jpg

丸いお顔のもなか。可愛い可愛い女の仔。

monaka2017012207.jpg

推定7.8歳のもなか。

ジャンプできるかな♪

monaka2017012208.jpg

ピョイッ♪

monaka2017012209.jpg

 

ここから見える景色は??

monaka2017012210.jpg

お母さんがすっごく気に入ったこのお顔。

monaka2017012211.jpg

自分で乗った場所から降りることもできました。

monaka2017012212.jpg

monaka2017012213.jpg

 

猫との生活は初めてのご家族さん。

monaka2017012214.jpg

もなか。は猫エイズキャリアの女の仔。

monaka2017012215.jpg

病気であろうが、なかろうが、そんなことより、もなか。

monaka2017012216.jpg

もなか。自信を気に入って下さいました。

monaka2017012217.jpg

 

猫トイレのご用意もばっちし。

蓋付きでない物は、もなか。も安心してできそうね。

monaka2017012220.jpg

色々お話ししていたら、

トントントンとお2階に。

monaka2017012221.jpg

何かお困りのことがありましたら、

いつでもご連絡ください。

もなか。を、終生よろしくお願い致します。

ページトップへ
1月7日 雫がJATを卒業しました!

雫は2016年10月20に卒業した豆太の一族です。

sizuku2017010701.jpg

こんな愛くるしい表情をしていますが、

保護された当初はとっても厳しいお顔でした。

sizuku2017010702.jpg

大切に育てられたであろう、雫。

飼い主さんが逮捕されたことによって、やってきました。

sizuku2017010703.jpg

推定4歳の女の仔。

sizuku20170104.jpg

 

同日に卒業した乙ちゃん・つじりの送迎に付き添わされていた為、

結構な時間、車に乗ってもらっていました。

そう言えば、豆太もぐっすり寝ていたよね。。。

sizuku2017010705.jpg

 

そんなこんなで、着いた時にはもう真っ暗。

sizuku2017010706.jpg

 

雫を1番に気に入ってくれたお兄ちゃんの歓迎を受けます。

sizuku2017010707.jpg

sizuku2017010708.jpg

 

雫の生活スペースはお庭。

sizuku2017010709.jpg

気に入ってくれるかな??

sizuku2017010710.jpg

 

スタッフは手続きの為に、室内にお邪魔します。

たくさんの写真が飾られていました。

sizuku2017010711.jpg

 

こちら、先代のワンコ。

今まで、一緒にお散歩していたそうですよ(笑)

sizuku2017010712.jpg

 

これからの生活、お兄ちゃんは雫と共に成長します。

sizuku2017010713.jpg

室内が気になるようで・・・。

sizuku2017010714.jpg

ダメダメ・雫はそこまで。

sizuku2017010715.jpg

真っ暗闇でしたので、家族写真は断念。

また送って頂くことをお願いし、雫と別れました。

 

スタッフはお母さん手作りの「お汁粉」を頂き、帰宅。

美味しかったぁ~♪

sizuku2017010716.jpg

雫の名前は『志続』しづく。と、なりました。

またお写真、お待ちしております♪

ページトップへ
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


※本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
    No reproduction or republication without written permission.


©Japan Animal Trust All Rights Reserved.