トップページ > JATとは > 代表の願い
私共の団体は、生きとし生けるものの命の重さはみな同じと考え、
動物たちが捨てられないために 殺されないために何をすればよいか、
何が出来るかを考えて活動をしてきました。

シェルターを立ち上げてからずいぶん長い年月がたちましたが、
この間に日本もずいぶん変わってきました。
命に対する感覚は驚くほど希薄になってきているように思えます。
これは世界的な傾向かもしれません。
最初は動物の心配だけをしていれば良かったのですが、
最近では日本の未来、地球の未来がとても 心配になります。

命の大事さを言葉だけで唱えて、今の子ども達の心に響くことが出来るのでしょうか?
今、スタッフ教育とともに、小、中、高校生などの子ども達に、
命の大切さ、優しさ、思いやり、感謝などを わかってもらえるように努力しています。
私共は、日本でしかできない動物愛護を考えています。
仏教思想のある日本に於いてこそ、我が国独自の動物愛護、
世界一 納得のいく動物愛護が必ず、育つはずだと信じています。
世界一の動物愛護の国、世界一優しい国、責任を持って誇れる国に なるように力一杯働いています。

私共は、平成27年4月に内閣府から認定をいただき、 公益財団法人として活動しています。
今後とも私共の活動に対し、ご理解をいただくと共に、ご協力をいただければ幸せに存じます。

公益財団法人日本アニマルトラスト 動物の孤児院ハッピーハウス
〒563-0131 大阪府豊能郡能勢町野間大原117
メールフォーム
ページトップへ
※本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。
    No reproduction or republication without written permission.